Y's FACTORY


大洗水族館ツーリング

イベント報告

雨が降っても行くぞ〜

 2003年2月23日(日) 天気 曇り

 以前、企画したものの、天候とメンバーに恵まれず(笑)挫折する事3回。
 実は、私自身が行きたくてしょうがなかったので、このイベントを企画。
 この企画に3台くらい集まれば良しと考えていたのだが、当日10台(人)も集まってくれた。
 今回は、全行程一般道を使うと言う事で、原付2種の参加もあった。

 その顔ぶれは・・・

どうなの?この天気。

 朝方まで降っていた雨はあがり、曇り空。時折薄日も差している。
 8時過ぎにお店に到着するも、まだ誰もいない。
 今日も小人数かな?などと考えていると、一人、また一人と集まってくる。

 何人か携帯に電話したものの、寝てたり走ってたりでつかまらない。
 そのうち99YZF-R1のT氏の携帯にメールが入り、DT125RのM氏の寝坊表明。
 まだ間に合うと返信すると、これから出ますとの事。

 曇ってはいるが、そんなに寒くない。
 それでも、走り出すと冷えてくると思われるので、私はユニクロで買ったオーバーパンツを履いてきた。
 しかし、若手のSRV250のM氏(女子大生)は、すごく軽装に見える。
 その格好で大丈夫かと聞くと、大丈夫との事。若いって良いなぁ〜。

 談笑している間に、DT125RのM氏が集合。
 本日のルートを大雑把に説明して、いざ、出発!!

お店前にて記念撮影

道中順調ナリ

 お店を出て、県道11号線を走り、県道4号線を左折して、龍ヶ崎市内に向かう。
 右折をして県道5号線に入り、龍ヶ崎市内を抜けノンビリと走る。
 風もそれほど強くなく、完全防備の私は快適。ただ、グローブが少しキツくて、指先の血行が止まっている感じがする。
 龍ヶ崎市を抜け、新利根町を抜け、江戸崎町も抜け、東町に入ると、国道125号線に合流。
 山の裾の道から、川沿いの道に出た。視界が一気に広がりツーリング気分が上昇。
 川の上を鳥がきれいに並んで飛び、冬の空に大きな矢印が北を指している様だった。

 しばらく走ると、国道51号線を左折して大洗に向かうが、その交差点の角にあるコンビニで休憩。

 みなさん冷え切っていた様で、次から次へと便所を借りている。
 コンビニから出てくる手には、缶コーヒーやら、肉まんやら、おでんやら・・・>手は洗った?
 ここでルートの確認をして、出発。
 国道51号線をそのまま走るのも面白くないので、県道を使い、北浦の湖岸線を走ることにした。
 が、道を間違え、北浦大橋を渡るはずが、鹿行大橋を渡ることに。
 県道から、国道51号線に再び合流し北上。

 もうこの後は間違え様の無いルート。
 とりあえず大洗港まで行って、食事か水族館かを決めよう。

途中で記念撮影

油断禁物。

 大洗はプライベートで釣りにもよく来る所。間違うはずが無い。
 間違うはずが、無かった。
 確かに、漁港周辺は間違わないのだが、実は国道51号線を北上してきた事はほとんど無かったりして。
 それに気がついたときは、時すでに遅し。10台ぞろぞろと大洗の市街地へ。
 なんとか記憶のある場所に出て、那珂湊に渡る海門橋に出た。

 ここまで来れば、もう大丈夫。目指すは森田水産の回転寿司。
 森田水産に到着し2階へ行くと、すでに行列が。本日初めての渋滞に遭遇。

 席につけるまでみんなでワイワイがやがや。
 30分ぐらいたっただろうか。テーブル席が空き、最初の5人が席につく。
 しかも、コンベアーの最上流席!ホールショーット!!
 間もなく残りの5人もテーブル席につく事が出来た(2つ下流)。

 椀物のあら汁。
 イカ。
 エンガワ。
 中トロ!
 大トロ!!

 ‥‥食った〜 (^^)

 さぁ、最後の〆は?99YZF-R1のT氏とVTR-SP2のK氏はメロン‥‥だそうだ。
 私と、VTR1000FのM氏が〆物を探している間に、新しく流れてきた白魚にVTR-SP2のK氏がめろめろ。
 「それ、取って!」とのリクエスト。この後、もう一皿何かを食べてたような気がする。
 さらにコンベアを物色中の私の目の前を、大トロ削ぎ落としの軍艦巻きが・・・厨房の奥から滅多に出ないよの声に、VTR1000FのM氏がゲット。

 もう一つのテーブルでは、CB750のO氏大学生(♂)ブレイク!
 「学生だって、トロを食べるんです!!」と宣言し、板前さんに「トロを下さい」と力強く注文する。
 「幾らの?」と返されると、「え〜っと、500円の・・・・」と小声で答える弱気なO氏。
 しかも、店中に響き渡る声で「500円のトロ一丁」と復唱された上に、念願のトロの味が不本意だったらしい。
 結局、コンベアーに流れている1000円のトロ皿をゲットしたのだった。ウマー。

大洗に到着。寿司だ寿司だ〜。


喰いまくるのである。


喰いまくるのである。

美味しかったね!

 1階の土産物屋を物色して、それぞれ何かを買っていた。
 適当に休憩し、皆が揃うまでボケーっとしていたら、DT125RのM氏が口いっぱい海老焼きをほおばっていた。
 なんでも、食事前から目をつけていたようで・・・・。

 全員揃ったところで、今度は水族館へ。
 と言っても目と鼻の先。問題無く到着。
 ただ、DT125RのM氏が、ガス欠をしてリザーブに替えてから随分走ったとの事。
 まぁ、近くにあるからと安心させて水族館にGO! 入場料1人\1,800−也

 入り口近くには沿岸のお魚たち、いわし、すずき、ちだいに黒鯛。そう言えば、いわしを食べてなかった。
 どれを見ても、寿司ネタに見える。水族館って結構楽しい。
 誰かヒラメを見て「あっエンガワが居る!」と言っていたが、今日食べたのはカレイのエンガワです。
 時間をかけて見ていると、ちょっとつかれたので、コーヒータイム。
 見てきた魚たちの話をしていると、DT125RのM氏がいないことが判明。
 イルカショーの時間には会場へと向かいながらDT125RのM氏の捜索。本人もはぐれた事に気づき戻ってきてほど無く合流。

 会場に行く通路には川のお魚たち、いわな、あまご‥‥美味しそう‥‥。

 会場に入ったら、すぐショーが始まった。
 イルカってすごい。癒しのパワーを持っていると思う。
 芸を覚えるのもすごいけど、泳いでいる姿を見ていると、不思議と心が落ち着いてくるし、頑張らなきゃ!と思えてくる。
 あのつぶらな目は、アイフル犬以上だと思うのは私だけ?
 あのスタイルもかっこいいし、愛嬌がある。

 本日最終のショーも終わり、流される様に皆出口へ
 出口には、ギフトショップがあり大変な混雑。いろいろ見て周り、手のひらサイズの海亀のぬいぐるみを2つ買った。
 これで我が家には、カメグッズがいくつあるんだろうなどと思いながら駐輪場へ。

 朝、穏やかだった風はかなりの強風となってバイクがシオシオノパァ〜 ぶら下げていたヘルメットのシールドも真っ白。
 とにかく、ガソリンスタンドへ。

1階の土産物屋を物色。

マターリと帰ろう!

 水族館からまっすぐ大洗港に行くと漁港(フェリー乗り場)に抜ける信号がある。
 その信号を左折してしばらく行くとガソリンスタンドがある。間違いはない。
 間違いではなかったが、日曜日は休みらしい。
 (ここに来る時はいつも月曜日だからなぁ〜)

 さぁ、困った。Uターンをして大洗磯前神社に行くか、この付近で探すか‥‥。
 考えながら進んでいると、通過した交差点の右奥にガソリンスタンドを発見!
 流れがあるため、先の交差点で右折し、角を巻くようにさらに右折。看板が見えた道に出て左折。ようやく給油となる。
 DT125RのM氏のガソリンは、50m手前で底をツキ、押したらしい。彼にとっては、この上なく短い押しだった様だ。

 ここからは、夜道になるので国道51号線で帰る事にした。わかりやすいのが一番。
 本当に、マターリとした帰り道で、CB750のO氏 大学生(♂)はかなり眠かったらしく、鹿島のコンビニで下総の友達の家で寝ていくとまで言い出した。
 が、そこまで行けるのなら、取手に帰れますよね‥‥。
 結局、国道51号線で、千葉県に渡り栄橋まで走り、取手市に渡るルートを選んだ。
 
 今年初めてのツーリングがまずまずの滑り出しで、みんな楽しんでくれた様子だったので、一安心。
 今度は、3月21日(金祝)のいちご狩りだからね。
 今度こそ、スクーターで行く事になるのか‥‥(謎)

さあて、帰ろうか。

イベント報告